interview-taira-top
taira

これまでのこと

入社してどのくらいですか?

2016年の9月に入社して、だいたい半年くらい。
それまではフレンチで、9年ほど勤めていました。

転職のきっかけは?

ちょっと長くやりすぎて、仕事がマンネリ化してきたので新しいことを覚えたいなと思って。ネットで検索して、その中で一番ここがいいなと思ったところが夢屋です。検索したときは、グルメキャリーで「フレンチ ワイン レストラン」って検索しました。

色々、魚専門のお店だったり、ジビエを扱っていたりと、いろいろあるので。私は今までジビエをやったことがなくて、それもやってみたいなと。最初はサケクジラ、アリゴ、そしてまたサケクジラに戻って、先週からマラケシュに来ました。

夢屋の魅力

お仕事の魅力・やりがいは?

転職して新しいことを覚えるというのが、すごいよかったです。今まで同じことをやってきたけど、こういうやり方もあるんだ、というのを知ることができてよかったです。

それと料理だけではなく表(ホール)のほうも覚えたりとか。前は調理場だったので、表はやったことがなかったんです。

休みがしっかり取れるところも良い点だと思います。ここはもう日曜祝日、平日もたまに休みがあったりしますので。

接客についてはどうですか?

やったことがなかったので大変ですけど、そういうこともすごく勉強になります。ほんとうは接客は好きなほうではないのですが(笑)経験としてはすごく良いものだなと。

自分がチャレンジしていきたいこと

今は魚だったり前菜だったりの料理が多いのですが、お肉のほうももっとやっていきたいなと思っています。

どういう人があうと思いますか?

表のこともできるし、キッチンのこともできるので、独立したい人にとってはすごくいいと思います。だいたい、料理は料理ってなってしまっているところがほとんどなので。

どうもありがとうございました。

 

わたしのキャリアパス

  • 飲食業界に入る

  • 夢屋に入社

ある日の一日

  • 出勤

    仕事に取りかかる前にグリストラップの掃除から始まり、キッチンをキレイにして、身なりを整え、ダスターやまな板などの、スタンバイをし、野菜や肉等の納品が来たら、片付けます。

  • 仕込み

    パンを捏ねたり、前菜や魚の下処理をし、賄いの準備

  • 賄い・休憩

    スタッフ皆で食べます。その後休憩。

  • 営業前のミーティング

    料理や予約確認、スローガン呼称、スタッフ間で衛生確認をし、準備万端で営業にのぞみます。

  • オープン

    混み始めるのは、6時半から7時位です。8時から9時位から、二次会利用のお客様など第2のピークが来て、盛上ります。

  • 片付け、掃除

  • 帰宅

コメント

配属先が、変わりることもあり覚える事がいっぱいありますが、やりがいがあり、頑張ってます。

先輩インタビュー

頑張ればちゃんと結果がついてくる会社

後藤

《洋食料理長 後藤元樹》

スキルは後から、チャレンジャーでいてほしい

武内

《和食統括 武内亮》

技術云々ではなく、ハートのある方にはすごく良い

遠藤

《和食料理長 遠藤尚哉》

志、目的、10年後のビジョンなんてなくていい

前田

《罠統括 前田優》

年齢に関係なくアイディアを提案できる会社

佐藤

《洋食店長 佐藤義紘》

料理人になりたいんだという志が高い人

横山

《洋食料理長 横山寿昭》

はやい段階で実践に移れるのはすごく魅力的

細井

《罠キッチン 細井篤史》

独立したい人にとってはすごくいい環境

《洋食キッチン 平良典子》